www.sanabitchkeiba.net

さなびっち競馬予想

過去10年データと追い切りから推奨軸と穴馬を見つけます。

チャンピオンズカップを振り返って

今年のチャンピオンズカップはルヴァンスレーヴが2番手から抜け出しての快勝。

デビュー当初から毎レース出遅れていたが、休養明けの南部杯では五分のスタートを切ることができ、チャンピオンズカップも出遅れることはなく普通のスタートでした。

私はルヴァンスレーヴ軸の3連単を100円分だけですが的中しました。

ルヴァンスレーヴが勝ち切る可能性は低いと読んでいた点が失敗でしたね。

ルヴァンスレーヴとミルコ様をもっと信じていれば(>_<)

ミルコ・デムーロ騎手は躊躇なく先行策へ。

私が動画でも紹介したように、今年の中京リーディングです。過去には高松宮記念やチャンピオンズカップも勝っていることから中京は大好きなコースなのは間違いないでしょう。

この勝利でミルコ・デムーロ騎手は中京重賞8勝目で、過去10年で福永騎手に並んでトップに立ちました。通年免許取得が2014年ということを考えれば、福永騎手以上でしょう。今後も中京のミルコ・デムーロ騎手には注目ですね。

 

f:id:sanabitchkeiba:20181203124540p:plain

f:id:sanabitchkeiba:20181203124550p:plain

レースはアンジュデジールが逃げる形に。

サンライズソアが逃げる可能性もありましたが、モレイラ騎手は控える競馬を選択しました。この策は結果的にも消極的だったでしょう。モレイラ騎手は、この日が中京初騎乗となりましたが、中京2Rは逃げて5着、中京3Rは3番手から6着、中京7Rは3番手から3着と、ダートで先行して粘り切れないし差されてばかりでした。このことからサンライズソアで控えるという選択を取ったのかもしれません。

しかし、ルヴァンスレーヴより後ろからの競馬では勝てるわけがありません。先行馬が少ないメンバーだっただけに、もう少し積極的なレースができていれば、ひょっとしたら分からなかったでしょう。前走を見ても、かなり粘り強い馬です。もし、モレイラ騎手が中京を熟知していたら、今回のメンバー構成で控える競馬はしなかったと思われます。まぁ、サンライズソアには初騎乗だし中京も初めてだったことを考えると、そこまで要求するのは厳しいのかもしれませんが…。

2着のウェスタールンドは藤岡祐介騎手の博打騎乗がハマリましたね。

道中は横山典騎手を彷彿させるポツンの最後方。

そこから内を突いての2着。4コーナーで馬群が外に振られたから内が開いたと言っている人もいますが、おそらく内に行っても前が詰まると思って、みんな外に意識的に出したのだと思います。中京ダートは先行馬有利なのは日本人騎手なら誰でも知っているので、内を突いても前に馬がいる可能性が高いと判断するのは普通の考えです。ノンコノユメの内田騎手、サンライズノヴァの戸崎騎手なんかは、馬に確実な末脚があるのが分かっているからこそ外を回す安全策をとりました。そのほかにもアポロケンタッキー、オメガパフュームも外を回して、結果的に内がガラ空きに。そのガラ空き状態の内を突いたのがウェスタールンドでした。4コーナー入り口では15番手だったのに、直線入り口では6、7番手、まさにワープでしたね。

ウェスタールンドは4走前が初めてのダートで、その時に藤岡祐介騎手が騎乗してマクリ競馬で勝っていました。次走は北村友一騎手が騎乗して、同じような競馬で勝利。2連勝してシリウスSに挑みましたが、さすがに重賞クラスだとスピードの違いで追走に苦労している感じでした。しかし、それが結果的に良く、内から追い込んでの2着。ここで北村友一騎手はこの馬の長所が分かったのだと思います。武蔵野Sはオドノヒュー騎手が騎乗し中途半端な競馬で不利を受けての大敗、そして、藤岡祐介騎手に再び戻っての今回でした。シリウスSの競馬が一番この馬にあっていると、おそらく藤岡祐介騎手は事前に北村友一騎手に話を聞いていたのだと思います。そうでなければ、離れた最後方という大胆な競馬できません。この日の藤岡騎手はチャンピオンズカップまでに7R騎乗していましたが、すべてのレースで差し追い込みの競馬をしていました。そして、9Rは追い込んでの1着。そういった流れも少なからず影響していたと思います。

2番人気のケイティブレイブは11着に大敗。プラス10キロという体重でしたが、中間の調教を緩めていただけに、それプラス体重となって表れたようです。敗退の原因は調整に問題があったこともそうですが、一番の原因はやはり中央場所だったことだと思います。前走で中央G1を勝ちましたが、直線が平坦な京都でした。昨年のチャンピオンズカップも有利な展開で最後失速したことを考えると、やはり坂の影響は大きいようです。次走は東京大賞典になるのかは不明ですが、地方なら外すわけにはいかない馬なのは間違いないです。

 

今週は・・・

2歳G1の阪神ジュベナイルフィリーズと中日新聞杯とカペラSの3重賞です。阪神JFの注目はシェーングランツとダノンファンタジーの2頭。そして、中日新聞杯とカペラSは3歳馬に注目が集まりそうです。今年はマイルCSから3週連続で3歳馬がG1を勝っているという例年以上に3歳が強い年です。昨年も3歳馬が強いとは言われていましたが、今年はそれ以上なのは間違いないです。マイル、クラシックディスタンス、ダートと各路線のG1を勝っているのですから、こんな年はかなり珍しいです。ついでに言うとスプリンターズSも3歳馬が2着でしたから、勝っていれば各カテゴリーを制覇していたことになりましたね。中日新聞杯はギベオンとグレイル、カペラSはコパノキッキングと上位人気確実な3歳馬が出走してきます。G3ですが楽しみなレースになりそうです。

 

 


【チャンピオンズカップ2018】不安データ有り!ルヴァンスレーヴだけども〇〇を信じます!!

 

 

f:id:sanabitchkeiba:20181124003507j:plain